JPEG画像コンバータ ー 画像フォーマットをJPG/JPEGへ手軽に変換させる

JPEG(Joint Photographic Experts Group)とは画像デジタルデータを圧縮することによって画像をメモリする方式のひとつであり、特に画像の虚実結びを迅速に合成することに適している。だが、ネット製図あるいはアニメーション制作には向いてない、なぜかというとファイルを圧縮する際に、情報がふんだんに損失されかねないとみられている。しかし、それは人間の肉眼ではなかなか気づきがたいごくわずかな差である。JPEGには2種類の形がある:ひとつはフルカラー画像(ピクセル毎に24バイトをメモリ)、もうひとつはグレースケール画像(ピクセル毎に8バイトをメモリ)、透明アニメーションがJPEGでは表示不可能である。JPEG(Joint Photographic Experts Group)はひとつの方法であり、画像をメモリし、デジタル画像を圧縮することに使われる、特に自然や現実のシーンに使われている。
だが、それは一組のオンライン図面とか漫画ではない、映像圧縮する際に、一部の資料は損失されかねない。ただし、人間の目では。些細な差を気づくことは不可能である。JPEGフォーマットには二つの種類あり:フルカラー(ピクセル毎に24バイトをメモリ)とグレースケール(ピクセル毎に8バイトをメモリ)。JPEGでは透明とアニメ画像を表示不可能である。

JPG/JPEG画像コンバーターというのは多画像間変換を実現させる非常にすばらしいツールである。例えば、BMP、GIF、PNG、TIF、 ICO、EXIF、WMF、EMFのいくつか役に立つバラメーターを変えることによってJPGあるいはJPEG画像形式へ変換させることができるようになり、それを通してオリジナル写真の幅と高さも増えるし、ポータブル割合計算機を提供することでアスペクト比を保つことができる。JPEGの圧縮品質をコントロールすることによって写真の大きさを変える、しかも自由自在に写真を回転させ、ひっくり返させることもできるだけではなく、お気にいるテーマや防水マークなど加えることもできる。さらにアニメ画像(gif、tif)の1幅をJPGフォーマットへ変換することもできる。

  • ファイルサイズ 1.49MB
  • バージョン 1.0
  • 価格    29.99ドル
  • システム環境 Microsoft Windows 98/Me/NT/2000/XP/2003/VISTA

スクリーンショート:

 

関連知識:

画像交換フォーマット(GIF)とは役に立つ8ビットのピクセル毎のビットマップフォーマットの一種である。1987年CompuServeによって開発されたものである。その後、その本来持っている便利さと多様性へのサポートのところから脚光を浴び、広く使われている。GIFはネット製図、
カラーと画像サンプル節、画像とシャープ間の境線カラーをサポート。GIFは256色までの色サポートおよび1600万超えの可陳述24ビットRGBに限られることから、写真の撮影には向いてない。しかし、特定の条件が満たされる場合にはあるハッカーはそれらの制限を克服可能であり、GIFファイル圧縮の際に、ファイルの損失はなくなるようになる。

Copyright © 2008 CHENGDU WEISHU TECHNOLOGY CO., LTD. All rights reserved.