BMPビットマップジェネレータ - 多くのピクチャをハイビジョンのBMPフォーマットへ変換させる

BMP(ビットマップ)はいまどきの世の中で大変な人気呼んでいるというのはWINDOWSに広く使われているわけである。BMPはファイル画像を保存する標準使用フォーマットのウィンドウであるから。中に含まれる画像情報はJEPGより多く、しかもほとんど圧縮画像はないから、ディスクの領域を大量に占めている。現在、24ビットのピクセル毎のBMPファイルは、1,4,8,15,24,32,64ビットのピクセル毎のBMPファイルにもっとも広く使われている。

BMPビットマップジェネレータというのは多種類のピクチャの形式をBMP形式へ変換させる役立つソフトの一種である。JPG、GIF、PNG、TIF (TIFF)、ICO、EXIF、WMF、BMP、EMFなどといったいろんな形式をサポート。オリジナル写真の幅と高さを増え、しかもポータル割合計算機を提供し、画像のアスペクト比を計算する。違う画素フォーマットを出力し、例えば RGB24、RGB32、RGB64あるいは16256種類のカラー、 もしくはビットマップをひっくり返す。ピクチャのいかなるところに文字水印を加えることはできる。さらにアニメ画像の一幅をBMPビットマップファイルへ変換させることができる。

 

  • ファイルサイズ: 1.51 MB
  • バージョン:1.0                                 
  • 価格: 29.99 USD
  • システム環境:Microsoft Windows 98/Me/NT/2000/XP/2003/VISTA

スクリーンショート:

関連知識:


交換可能な画像ファイルというのはデジタルカメラに使われる画像的スペックのひとつである。デジタル写真のプロパテイ情報および撮影データをメモリすることはできる。日本電子工業振興協会によって推薦されている。2002年にバージョン2.2登録されている。交換可能な画像ファイルと特殊メタデータタグはJPEG,TIFFファイルに保存されている、JPEG2000、PNG、GIFをサポートしない。

Copyright © 2008 CHENGDU WEISHU TECHNOLOGY CO., LTD. All rights reserved.